府中や不動産のちょっとした話


京王線の昔懐かしい車両が現役で活躍

2012年09月02日 18:35

踏み切り最近、調布駅が地下化され踏み切り混雑も解消されました。今でこそ府中駅は高架駅ですが、まだ踏み切りだった時代、ケヤキ並木の踏み切りでよく待たされたものです。
新宿方面からの府中駅止まりの電車が、ケヤキ並木の踏み切りを少し超えたあたりで折り返してくるためです。

ここでUターンしていたのは主に鈍行電車で、鈍行専用のグリーンの車両が多かったように記憶しています。

京王線2000系

(出典:日本の旅・鉄道見聞録から 写真:京王資料館/撮影:裏辺金好)

このグリーンの車両は2000系という車両で今も走っているそうです。
見かけは頭に2個のヘッドライトをもつ愛嬌のある風貌ですが、効かない扇風機と大きなモーター音が特徴です。ちなみにシートもグリーンです。

銚子電鉄

千葉の銚子電鉄本銚子駅

実際見に行ったわけではないので写真がありません。YouTubeをご覧下さい。
映像は開始9分半過ぎにグリーンの2000系が映っています。白色の2000系が走っている映像もあります。

この映像に映っている他の車両と比べると、この地では2000系はなぜか輝いて見えます。2000系と引き換えに引退したそうですがデハ801、ゆっくりお休みくださいといった風貌です。
厳しい潮風、あまりにも古い車両・・どうやらこの地は電車達にとって最期の晴れ舞台なようです。

ホームページを見ると行ってみたくなりました。
銚子電鉄



コメントは受け付けていません。

ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマーク

スタッフブログRSSスタッフブログRSS

ページトップへ