府中や不動産のちょっとした話

2012年3月 アーカイブ

釣行日記

2012年03月22日 11:50


3月21日、南房総の乙浜港 広根丸に、釣友2名と乗船。マハタをねらって水深90mを流したが、マトウダイとカサゴのみ。深場をあきらめ水深40mに移動。私はひらめ1.5kg2枚、背後の小林さんがマハタ4kg,金子さんがマハタ1.5kgを釣る。その後、浅場に移動してヒラメ1.3kgを追加、金子さんは、ヒラメ1kgを2枚、大きなカサゴとメバルを釣る。又、金子さんはとても気前よく、マハタ1匹で充分と言って、ヒラメ2枚を小林さん、カサゴとメバルを私がありがたく頂戴した。私は普通彼等の倍以上は釣るのですが、本日は調子悪くあまり釣果が上がらなかった。

ところで写真にも掲載しましたが、先をとがらせたステンレス棒1.2㎜から2.0㎜を用意して、ヒラメの尾近くに切目を入れせき髄を抜くと、即死して身がしまり甘みが増し、別物と思う程おいしくなります。皆さんぜひ試して下さい。分からなければお教えしますよ。

追記:今日の新聞にセシウムは魚はエラで排出とありました。魚が海水から取り込んだ放射性セシュウムを体外に出す仕組みを、東京大の金子教授らが突き止めた。エラにその出口があり、出口をつくる遺伝子もわっかった。魚からセシウムを早く取り除くのに応用できるという。体に取り込まれたセシウムは、海の魚は50日で半減することが知られている。セシュウムはカリウムと性格がよく似ているため、同じ経路をたどると考えられることに着目し、モザンビークティラピアという魚で調べ、カリウムの多い水で魚を育てれば、セシュウムも早く排出されると期待できるらしい。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度とは

2012年03月17日 10:00

2012年7月から始まります。

●なぜ再生可能エネルギーが必要なの?

日本のエネルギー自給率は4%と低く、そのほとんどを輸入に頼っています。化石燃料の埋蔵量には限りがあり価格の高騰も予想されます。 また地球温暖化防止のため、二酸化炭素(CO2)の排出量削減は大きな課題です。このようなことから、今、注目されているのが再生可能エネルギーです。一度設備を整えれば、風、太陽、地熱など自然の力で繰り返し電気を生み出すことができるエネルギーのことです。このエネルギーが普及すれば、化石燃料の輸入を減らすことができ、日本のエネルギー自給率をあげることができます。発電するときに(CO2)をほとんど排出しないので、地球環境にも大きく貢献します。

●固定価格買取制度ってどういうもの?

メリットの大きい再生可能エネルギーですが、コストの問題などから、そのままでは普及がなかなか進みません。そこで 電気の利用者みんなで、再生可能エネルギーを育てる仕組みが、7月から始まる「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」です。この制度では、再生可能エネルギーで発電された電気を、電力会社が一定期間、一定の価格=「固定価格で買い取ることを国が約束します。そのため発電設備を導入するコストの回収見通しが立ちやすくなります。より多く の人が発電設備を導入しやすくなり、普及が進むと期待されているわけです。電力会社が買い取るためのお金は、電力を利用する一般の人から、毎月数十円の賦課金というかたちで集めます。
この制度では太陽光、風力、水力、地熱、バイオマスなど、国が定める要件を満たす設備で新たに発電を始める場合、発電する電気のすべてが買取対象となります。また住宅等での太陽光発電は、余剰電力の買取となります。

●制度によって日本の社会はどうなるの?

この制度により、再生可能エネルギーが育ち、普及していくことで、私たちの暮らしを支えるエネルギーの一つになることが期待されています。(CO2)の排出量もへり、地球環境にやさしい社会が実現します。再生可能エネルギーの普及を通じてさまざまな技術が磨かれ、新しい産業、雇用が生まれ、大きな経済効果が期待できます。このように再生可能エネルギーを育てることは、日本社会全体にとってとてもいいことなので、みんなで協力し、支えていく必要があるのです。環境にやさしいエネルギーをみんなで育てる制度です。

 

「経済産業省資源エネルギー庁による朝日新聞広告欄より」詳しい内容は・・・

http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/renewable/index.html

 

大戸屋 府中北口店の赤酢メニュー

2012年03月07日 21:01

外はまだひんやりと寒かったので、会社の近くにある大戸屋で昼飯。

そこで美味しいメニューを発見!。

今日はあんまり食欲が無かったのでサラダ風というのに惹かれ、「野菜サラダ風冷製鶏の南蛮漬け定食横井の赤酢入り」を注文しました。

しかし、後になって体が冷えていることに気づき、冷たいメニューを選んだのを少し後悔しました。

程なく注文した料理が出てきました。ひとくち口にすると想像を超えた上品な味が広がり、うまい。

通常の甘酸っぱい南蛮とは一味違った味になっています。

 

ちなみに”横井の赤酢”の横井とはこちらのことです。

横井酒造工業株式会社 http://www.yokoi-vinegar.co.jp

ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマーク

スタッフブログRSSスタッフブログRSS

ページトップへ