府中や不動産のちょっとした話

2015年5月 アーカイブ

奥飛騨の旅行

2015年05月22日 15:00

5月、雪がとけた奥飛騨に旅の計画をたてていました。
出発前日、台風が本土を接近しているとのことで、初日以降は雨になる予想で帰りは台風と共に帰宅するつもりで出かけました。
1日目:中央高速で松本から158号線で奥飛騨温泉鄕を目指します。平日なので昼に着いたので途中蕎麦と飛騨牛コロッケで昼食を食べ、天気が良い内に予定の新穂高ロープウェイに乗る事にしました。第二ロープウェイより第一ロープウェイ方向北東方の山々1北東ケーブル上から北西
現地のガイドさんの言うことに、今日はとても視界が良く四方八方よく見えると言っていました。
1日目の宿は飛騨髙山風の趣のある山月で、その辺りでは大きい旅館です。

飛騨髙山 山月74310鯉9外露天風呂
建物向かいの露天風呂と館内の露天風呂で疲れをとり、美味しい料理とお酒で1日目が終わりました。
2日目:朝は朝靄のかかった雲で覆われた空模様です。

2近くの山小屋風宿

雨が心配な二日目です。黒部渓谷の方向はやめて髙山市内に行くことにしました。
高山城下町地区は、伝統と文化の香り高い建物、祭、行事、風習、味が残っています。

1213

141615
高山の町、飛騨髙山まちの博物館や髙山祭屋台会館にそれらが残っています。

からくり人形1716b15b
高山祭は4月に終わってしまったので、高山祭屋台会館には、髙山祭の屋台はからくり人形が奉納され4台置かれているので寄ってみました。高くきらびやかなそして荘厳な屋台髙山祭では23台曳き出されるとのことで、夜祭はとても美しいのではないかと思われます。
二日目の宿は富山越中つるぎ温泉万葉のかくれ里、大きなホテル風建物で食の匠がいる宿とか。2日の宿20syokudouIMG_20150512_153135
確かに食事は美味しく、ウニと蛍イカも注文しました。温泉はつるつるした黒い湯で肌がすべすべします。
どうやら台風の速度は、80k以上のスピードで移動しているらしく、明日には温帯低気圧になり最悪の状態はなくなったようで、二日目もほとんど雨らしきものも感じませんでした。
3日目:快晴です。

田園風景富山の海港jpg道の駅

富山湾廻りで道の駅に寄り、糸魚川から青木湖、木崎湖を見ながら中央高速で帰路に着きました。

法定地上権とは

2015年05月01日 13:52
~法定地上権とは~
まず法定地上権という言葉そのものを分解してみましょう。
める地上権のことです。
地上権は本来、契約によって生じる権利ですが、それを法律で強制的に発生さ
せるものが「法定地上権」です。
日本では、土地上の建物は、土地とは別個の不動産として扱われるため、競売
によって土地と建物の所有者が別々という事態が生じることがあります。そう
なると、建物の所有者はその土地に対する何らかの利用権がなければ、不法占
有になってしまいます。そこで、建物のみ取得しても、建物所有者に土地に対
する建物所有目的の地上権が発生することを認めました。
元の建物と土地が同じ所有者の場合は 
もともと土地と建物は別個の不動産ですが、建物のみに抵当権を設定。
抵当権の実行

競売によって土地と建物の所有者が別々になってしまった。
新所有者には土地の使用権原がない。えっ、土地が使えない!

建物の買受人は建物収去して土地を明渡さなければならないのか
 それでは建物の買受人は困ってしまう。

建物買受人のために、土地使用権原を認めるべく法定地上権を認めた。
建物収去請求は出来ません。
houtei

ブログランキングへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマーク

スタッフブログRSSスタッフブログRSS

ページトップへ