●法定地上権

競売等によって土地と建物の所有者が異なった時、法律によって生ずる地上権です。抵当権設定時に土地と建物が同一の所有者に属するときは、所有者は自己の土地に賃借権等の土地利用権を設定する事は認められず、競売のときに利用権を設定することも実際上出来ないので、競売になると建物は存立の根拠を失って取り壊さなければなりません。そこで、法律の規定によって法定地上権を生じさせました。
抵当権設定時、土地・建物が同一の所有者であれば、土地・建物の双方に抵当権が設定された時や、土地又は建物が抵当権設定後に譲渡又は強制執行により所有者が異なった時にも法定地上権は生ずると解されます。

このウィンドウを閉じる