不動産競売物件:競売物件のメリットと投資活用

競売物件のメリットと投資活用

  • ●1、競売不動産は一般市場の不動産に比べて割安で購入出来ます。
  • 但し、近年簡易な強制執行、短期賃借権の消滅等競売の買受人に有利な条件が整ってきたため、多くの入札人が価格を競って入札し、その落札価格は高騰していますがそれでも一般市場より安く購入出来ます。時折一般市場の相場以上の価格で落札される事がありますが、それは次のような特別の場合によるものです。
    • ①隣接者が落札
    • ②近親者が落札
    • ③底地権者が落札
    • ④特別な用途に使うため落札
    • ⑤債権者が債権保全のため落札
    • ⑥競売に不慣れな入札者が相場を間違い落札
    このようなケースの価格設定は参考になりません。
  • ●2、裁判所を介して所有権移転登記が行われるので安心です。
  • 一般の抵当権の他行政機関の差押等職権で抹消手続が行われるため、買受人当事者が準備手配する面倒がありません。又、職権登記のため司法書士手数料(相当な金額)が不要で、登録免許税を軽減するための住宅用家屋証明も適用できます。但し、競売売却の職権では抹消されない買戻特約登記、所有権移転仮登記の権利がある場合があります。これらは物件明細書に記載されますので、見落とさないで下さい。これら特別な抹消できない権利以外は全て職権で抹消され、買受人は瑕疵のない登記識別情報通知(従来の権利証)を受け取ります。
    一般の不動産売買契約における契約違反、瑕疵担保違反等のトラブルは発生しません。
  • ●3、特別な優良物件及び用途物件を購入できます。
  • 超高級分譲地で立地条件に優れた物件、人気のある商業地、超高級マンション、病院、老人福祉施設などは一般不動産市場に出る事はなく、関係者の間で内々に処分されています。
    競売ではこのような配慮は一切行なわれず債権者と取下の合意が出来なければ、競売市場に一般物件として出てきます。
  • ●4、投資活用。
  • 最初に述べた割安で購入できるため投資手段として見逃せません。 今まで多くの専門業者が競売物件を購入して短期間のうちに当該物件を売却して、大きな利益を得ています。この利益は、一般の競売物件購入者も同様に得る事ができます。
    但し、これは誰にでも簡単にできる事ではなく、物件調査、市場の価格判断、地域性 の把握、瑕疵対応力、物件販売力等、総合的知識と経験が必要です。 当社は、数多くの専門業者(ほとんど不動産業者)に競売物件を通じて大きな利益を提供してまいりました。 当社は、この豊富な経験をもとに、一般の利益目的の競売物件購入希望者の大きな力になります、対象物件は、ワンルーム、マンション、戸建、土地、一棟売ビル等、全ての物件が含まれます。
  • 特に確実に大きな利益を生む物件は高額物件(落札価格4,000万円以上)が多いため、競売物件購入希望者が購入資金全額を用意出来ない場合、購入価格(落札価格)の頭金を提供いただき、当社が銀行融資で、残りの必要金額(落札金額-頭金)を用意して高額物件を落札し、当該物件の売却利益を分配配当いたします。
  • この方法は、購入希望者には少額の資金で高額優良物件の購入に参加出来るメリットがあり、当社には銀行は購入価格の全額を融資しないため、自己資金が軽減出来、多くの高額優良物件の購入に参加出来るメリットがあります。 又、競売物件入札から競売物件売却・資金回収まで平均的に3ヶ月位を見込みます。つまり購入希望者は3ヶ月位で利益配当を得ることになります。
競売情報中国語サイト

スタッフお奨めの競売物件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマーク

ページトップへ