不動産競売物件:任意売却処理

任意売却のメリット

競売開始決定後、早ければ4ヶ月後に競売入札手続が実施されます。こ の限られた期間内に購入者を決定し、全債権者(銀行等)と抵当権の抹消交渉を行い売買契約を締結、残金決済を行います。 競売による売却は 債権者(借入者)にとって大変不利益な売却処理である事、又 残された期 間が少ない事、当社独自の任意売却システムをご理解いただき、お気軽にご相談下さい。。


競売売却
  • 落札価格(売却価格)が一般市場価格より低いため、競売終了後債務額(借入金額)が多く残り、債権者(銀行等)との意思疎通が欠如しているため、一方的に債務残額(借入金残額)の返済を求められるので 、多くの方が個人破産を余儀なくされています。この個人破産は、官報に公示されるので将来に不利益を被ります。

  • 債務者(借入者)が立退かない場合でも、落札人は強制執行を申し立てますので、債務者(借入者)に資金が残らず引越費用も捻出できません。

任意売却
  • 任意売却は時間的制約はありますが、購入者は住宅ローンが利用できるので、一般市場価格に近い価格で売却できます。又、売却後の債務残額(借入金残額)についても債権者(銀行等)との協議により、実行可能な返済計画を立てる事ができ個人破産を回避出来ます。

  • 任意売却業者への手数料は任意売却価格の中から支払われるので、債務者(借入者)に負担はかかりません。又、債権者と折衝を行い、売却資金の中から債務者に手持資金を捻出します。


  • 任意売却の手順
  • 依頼者と当社の間で専任媒介契約書を締結、無料
  • 全債務者(銀行等)と抵当権の抹消金額の交渉
  • 販売活動着手、インターネット、不動産流通機構等で購入者を募る
  • 依頼者の全債権者(銀行等)における債務残額(借入金残額)の支払方法の交渉
  • 任意売却契約締結、代金決済、抵当権等の抹消、競売取下

任意売却の
手数料

一般不動産の媒介手数料と同じです(売買価格 × 3%+6万円 税別)
任意売却価格の中から支払われます。任意売却不成立の場合、依頼者に一切負担はかかりま せん。
当社独自の任意売却
不動産は一般の方が見落し易い重要なポイントが数多くあり、任意売却においては、 特に債権債務整理業務の豊富な実践経験が必要とされます。当社は独自の任意売却システムを活用して、売却資金の中から、債務者に手持資金を残すサポートを実践します。詳細については当社までお問い合わせ下さい。
競売情報中国語サイト

スタッフお奨めの競売物件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマーク

ページトップへ